ページの先頭

インプラント
インプラントの方法や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
矯正歯科
矯正歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
審美歯科
審美歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
ホワイトニング
ホワイトニングの内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
治療費とお金の話
医療費控除や賢い支払方法などについて詳しく知りたい方は… コチラから
スマイルライン・デンタルクレジット
歯科治療費専用のクレジットについて詳しく知りたい方は… コチラから
HOME > ホワイトニング > 薬物による歯の中からの変色・茶褐色〜暗青色の横紋状の変色

ホワイトニング

【2】茶褐色〜暗青色の横紋状の変色

たくさんの歯がヨコに縞状に連続して黄ばみあるいは黒ずんでいる(黒ずみの程度は、薄い茶色から暗い青色まで)…このような変着色は内因性(歯髄の血管を通した原因)のものですが、ふだん口唇で隠れている歯の根元の色が明るく透き通っているたとえば、大人の歯ができるときに薬物(抗生剤のテトラサイクリンなど)を長期間服用した場合に、歯にこのような着色が生じます。色が濃い(暗青色)場合には、ホワイトニングでは期待するほどの効果が得られない可能性があります。
ホームホワイトニングを続け、満足な結果が得られない場合は、歯の表面を薄く削ってセラミックでカバーする処置(ポーセレンラミネートベニア)がひとつの選択肢になるでしょう。高濃度のフッ素の摂取や遺伝的原因でも、歯が白濁したり、透明な部分(エナメル質)が正常に形成されないケースがあります。このような場合も、審美的改善は、歯の修復処置によるのが適切です。このような場合の修復方法には、ポーセレンラミネートベニアのほか、コンポジットレジン修復、セラミッククラウンによる修復などがあります。

治療費でもう悩まない、歯科治療費専用クレジット、スマイルライン・デンタルクレジット
歯科医院の皆様はデンタルクレジット加盟をご検討ください
ページの先頭へ戻る▲
HOMEインプラント矯正歯科審美歯科ホワイトニング治療費とお金の話会社概要スマイルラインとは個人情報の取扱いについて