ページの先頭

インプラント
インプラントの方法や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
矯正歯科
矯正歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
審美歯科
審美歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
ホワイトニング
ホワイトニングの内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
治療費とお金の話
医療費控除や賢い支払方法などについて詳しく知りたい方は… コチラから
スマイルライン・デンタルクレジット
歯科治療費専用のクレジットについて詳しく知りたい方は… コチラから
HOME > ホワイトニング > 薬物による歯の中からの変色・黄色い変色

ホワイトニング

B. 薬物による歯の中からの変色

【1】黄色い変色

たくさんの歯が連続して一様に黄ばんでいる…このような変色は内因性(歯髄の血管を通した原因)のものと考えられます。小さい頃に高熱を出してテトラサイクリン系の抗生剤を長期間服用した場合に、ちょうど永久歯の形成時期ですと歯が変色します。軽度のものは、紅茶やコーヒーなどの外因性の変着色と見た目に区別がつきませんが、テトラサイクリン着色歯は、光を当てると蛍光を発するので、判別がつきます。外因性のものに比べて効果は出にくいですが、ホワイトニングで歯は確実に白くなります。方法は(A)外因性の変着色と同様です。

≪秋元秀俊さん(医療ジャーナリスト)のコメント≫

周囲の人の目が気になって、口を開けて笑ったことなんか一度もないという方がおられました。思春期に笑い顔が怖いというような言葉だったか、友達の心ない一言で深く傷ついてしまったというお話でした。
ホワイトニングは保険でできない治療なので、あまり良くないことだと誤解されている方がいるようですが、ホワイトニングは医師の処方に従えば、比較的安全で害の少ない処置です。テトラサイクリンによる歯の変色は、明らかな薬害で、医師が幼児期のテトラサイクリン投与に際して、十分に事前説明をしてこなかった問題も無視できません。薬害の補償ですから、本来は公費によって賄われるべきものです。薬害に対する認識が不十分であるために放置されている問題です。「外見を気にするのはぜいたく」という意見も一部にはありますが、微笑みが人間関係に与える影響をもっと重く考える必要があるでしょう。悩んでいる方は、ホワイトニングを試してみることをお勧めします。

治療費でもう悩まない、歯科治療費専用クレジット、スマイルライン・デンタルクレジット
歯科医院の皆様はデンタルクレジット加盟をご検討ください
ページの先頭へ戻る▲
HOMEインプラント矯正歯科審美歯科ホワイトニング治療費とお金の話会社概要スマイルラインとは個人情報の取扱いについて