ページの先頭

インプラント
インプラントの方法や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
矯正歯科
矯正歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
審美歯科
審美歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
ホワイトニング
ホワイトニングの内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
治療費とお金の話
医療費控除や賢い支払方法などについて詳しく知りたい方は… コチラから
スマイルライン・デンタルクレジット
歯科治療費専用のクレジットについて詳しく知りたい方は… コチラから
HOME > インプラント > どっちがどんなふうにいい?

インプラント

C どっちがどんなふうにいい?(入れ歯やブリッジと比較)

比べてみましょう。

インプラント VS 自分の歯の根っ子

  • すべての面で圧倒的に自分の歯が優れています。もちろん、生きたからだというものは厄介なもので、むし歯になれば痛いし、歯周病になるとなかなか治りません。
  • インプラントの最も大きな欠点は、骨の中で動かないこと、そして感覚のないことです。歯は骨の中で動きます。歯は、骨の槽のなかに線維でハンモック状に支えられています。その周囲には感覚を感じる神経の終末があって、歯根の微妙な動きを感じます。これが脳に送られて、咬む(噛む)快感や噛み応えになります。インプラントにはこの感覚はありません。歯は、微妙な動きをする運動器官であると同時に、非常に鋭敏な感覚器官ですから、インプラントを乳歯、永久歯につづく「第三の歯」と表現するのは、やや誇大な広告と言えるでしょう。
  • 生きた歯の動きには、押されてすぐ戻るゴムのような弾性の動きとともに、長い時間の力で歯の位置が動いてしまう動きがあります。この長い時間をかけた動きは、歯並びが乱れる原因にもなりますが、治療にも応用されています。矯正治療のときに弱い力で歯を自由に動かすことができるのは、歯が弱い力で動く原理を利用しているのです。歯は、1平方センチあたり5グラムくらいの弱い力でも、継続的に力をかけると移動します。このため、自分の歯とインプラントが口の中にある場合、一方は動く、他方は動かない人工の歯ですから、長期間経過すると位置関係にズレが生じることもがあります。
  • ただ、生きているから病気にもなり、ケガもする、痛みもある。そこが生きている歯の、長所でもあり欠点でもあります。インプラントはむし歯にはなりませんし、余程の問題がない限り、痛むこともありません。
  • むし歯がひどいのでインプラントにしようと思うけど…、というお話を聞くことがありますが、これはちょっと待ってください。むし歯は、どんなにひどくなっても、歯ぐきの骨の中に根っ子は残っています。根っ子が健康なら、インプラントより自分の根っ子が断然優れています。歯ぐきの中までむし歯が進んでいても、歯が少し割れていても、その気になれば引っ張り出してでも根っ子が使えます。

インプラント VS ブリッジ

  • 前歯を失った人がインプラントできれいにすることは不可能ではありませんが、簡単ではありません。隣り合う歯が、すでに治療済みであればブリッジが有利です。
  • 歯ぐきの条件が悪い場合(病気で歯を抜いた場合はだいたい悪い)外見を自分の歯のようにきれいにつくるためには、ある程度複雑な手術をインプラントの前や後で行う必要があります。
  • インプラントは人工の根っ子、ブリッジは別の歯の根っ子を利用します。インプラントには感覚がありませんが、ブリッジは支える歯を削ってかぶせる必要があります。

インプラント VS 入れ歯

  • ざっくり言って、インプラントの長所は、入れ歯と違って、取り外しナシで、自分の歯のように噛めることです。短所は、手術が必要で、費用が高いことです。
  • 自分の歯がたくさんあって入れ歯の両端を自分の歯で支えることができるなら入れ歯は安定します。歯が少なくなればなるほど、入れ歯が安定しなくなりますが、そうなるとインプラントが優位です。
  • 自前の歯が少なくなって大きな部分入れ歯になると、入れ歯が落ち着かない、違和感があるなどの問題があります。インプラントを使うと設計がシンプルになるだけではなく、アゴの位置を安定させ、残った自分の歯を守るという利点があります。
  • 入れ歯の大きさ、場所によって、インプラントと入れ歯それぞれに得意不得意があります。

インプラント VS 総入れ歯

  • 部分入れ歯よりも総入れ歯は大きな入れ歯ですが、構造がシンプルで入れ歯を支える仕組みが単純なので、一般に部分入れ歯よりもむしろ総入れ歯の方が装着感は良いと言われます。しかしこれは、歯槽堤とその裏打ちになるしっかりした顎骨がある場合で、歯槽堤(土手)の高さがなくなるにつれ、総入れ歯は安定しなくなります。顎骨の吸収が極度に進むとインプラントも難しくなります。
治療費でもう悩まない、歯科治療費専用クレジット、スマイルライン・デンタルクレジット
歯科医院の皆様はデンタルクレジット加盟をご検討ください
ページの先頭へ戻る▲
HOMEインプラント矯正歯科審美歯科ホワイトニング治療費とお金の話会社概要スマイルラインとは個人情報の取扱いについて