ページの先頭

インプラント
インプラントの方法や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
矯正歯科
矯正歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
審美歯科
審美歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
ホワイトニング
ホワイトニングの内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
治療費とお金の話
医療費控除や賢い支払方法などについて詳しく知りたい方は… コチラから
スマイルライン・デンタルクレジット
歯科治療費専用のクレジットについて詳しく知りたい方は… コチラから
HOME > インプラント > どんなときにインプラントが適してる?

インプラント

B. どんなときにインプラントが適してる?(適応症)

インプラントは費用も、時間もかかる治療です。治療中は、腫れたり痛かったりします。ですから、インプラントに適しているのは、インプラント以外によい方法のない場合です。

  1. 歯をほとんど失ったのに総入れ歯がダメな人
  2. 交通事故などで若くしてたくさんの歯を失った人
  3. 下の入れ歯が安定しないで困っている人

部分入れ歯のような別の方法がある場合でも、インプラントが格段に優れている場合があります。

  1. 下の片側のいちばん奥から何本かの臼歯を失った人
  2. 下の両側の奥歯を合わせて数本失った人
  3. 連続して3本以上の歯を失っている人

このようなケースでは、ブリッジという方法は使えないので、これまでは部分入れ歯が使われてきましたが、入れ歯の手前の端を歯で支え、噛む力の強い奥歯に支えがないという d や e の入れ歯の予後は決してよいものではありません。よく機能すればそれだけ入れ歯の下の骨が吸収し、支えている歯には歯を揺さぶる大きながかかります。それだけではなく、こうして入れ歯の部分のかみ合わせが低くなるので、アゴの位置が変化してしまいます。インプラントは、このような問題を解決できるため、入れ歯に対して優位性があります。

入れ歯 入れ歯
小さな入れ歯は、多くの場合、ポケットにしまわれる運命にあります。しかし、奥の入れ歯でしっかり噛むと入れ歯を維持している歯と入れ歯を支えている骨にダメージが及びます。
インプラント インプラント
ものが噛みやすいのは当然ですが、インプラントは残った歯に大きな負担を集中させないだけでなく、かみ合わせを支え、アゴの位置を安定させます。

別の方法があるが、インプラントの方がからだの負担が小さい場合

  1. きれいな自分の歯の中にある1本の歯を失った人

ブリッジ ブリッジ
ブリッジは両隣の歯にかぶせたクラウンによって支えられます。
インプラント インプラント
インプラントは骨の中に埋めた金属によって支えられます。

外傷で歯が折れたときや、年を取って歯が深く縦に割れたときなどは、抜歯になることが多いのですが、ブリッジで処置するには欠損の1歯を含めて3〜4歯を削らなければなりません。治療のためであれば仕方ありませんが、ブリッジのために両側のきれいな歯を削るのはしのびがたい。この場合、インプラントであれば歯の犠牲はゼロです。この場合、インプラントの費用も治療の範囲が小さいので少なく、ブリッジの予後が一般に長くないことを考えると、意外にインプラントに優位性があります。

インプラントの必要性が小さいケース

  • 重度のむし歯や根の先の病変があっても、自分の歯の根っ子が使える場合は、その歯の治療が第一選択です。
歯の根を保存 歯の根を保存
ひどい虫歯でも多くの場合、歯の根を保存して修復することは可能です。

インプラントが困難なのは次のようなケースです。

  • 前歯のインプラントは、骨や歯ぐきの複合的な外科処置を必要とします。簡単な処置できれいな仕上がりを期待することは困難です。
  • 連続する2〜3本の前歯をインプラントできれいに処置することは、容易ではありません。
  • 骨粗鬆症やがんの治療でビスフォスフォネートを服用している人は、顎骨壊死が起こる危険がありますので、インプラントなどの外科処置を避けるべきでしょう。強いビスフォスフォネート注射薬を投与されている人はインプラント治療は禁忌です。
  • 病気の治療で、血の止まりにくい人(白血病、循環器の病気でワーファリンなど抗凝固薬を服用している人)、高血圧の人、心疾患のある人。高血糖がコントロールできていない人。
  • 面倒くさくて、お口の清掃ができない人
  • 長期の喫煙習慣があって禁煙できない人

ビスフォスフォネート系薬剤
http://www.takedamed.com/content/search/zoomup/pdf/bone_bisphos.pdf

治療費でもう悩まない、歯科治療費専用クレジット、スマイルライン・デンタルクレジット
歯科医院の皆様はデンタルクレジット加盟をご検討ください
ページの先頭へ戻る▲
HOMEインプラント矯正歯科審美歯科ホワイトニング治療費とお金の話会社概要スマイルラインとは個人情報の取扱いについて