ページの先頭

インプラント
インプラントの方法や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
矯正歯科
矯正歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
審美歯科
審美歯科の治療内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
ホワイトニング
ホワイトニングの内容や費用などについて詳しく知りたい方は… コチラから
治療費とお金の話
医療費控除や賢い支払方法などについて詳しく知りたい方は… コチラから
スマイルライン・デンタルクレジット
歯科治療費専用のクレジットについて詳しく知りたい方は… コチラから

治療費とお金のはなし

  • 保険でできること、できないこと
  • 医療費控除の賢い使い方
  • 高額療養費制度
  • 歯科治療で使える分割払い

医療費控除の賢い使い方

◎医療費控除だれが…

税金(所得税)を納めている人なら誰でも、ご自分の医療費はもちろんですが、配偶者(奥様)、お子さん、その他生計をいっしょにしているご両親や親族のために支払った歯科の医療費について医療費控除を申請することができます。

パートで働いている奥様の治療費はどうでしょう。奥様の分を含めて家族全体の医療費をまとめてご主人の所得について医療費控除を申請するのが有利です。たとえ奥様に収入があっても「生計を一(いつ)に」している場合は、ご主人の医療費控除の対象になります。

同居していない両親が入れ歯の治療を受けたときは、どうでしょう。同居の有無は関係ありません。仕送りによって生計を立てているご両親の医療費は控除の対象になります。ご両親に多少の収入があっても大丈夫です。

生計を一にしている期間は問題ではありません。たとえばお父さんに仕送りを始めたところ、そのお父さんがたまたま歯科治療のためにクレジットを使ったとします。お父さんがクレジットを使ったときに仕送りをしていれば、あなたの所得控除の対象になります。

そのお父さんに収入がある場合はどうでしょう。あるいはお父さんに扶養されているあなたのお母さんの医療費はどうでしょう。あるいは収入のあるお子さんの医療費はどうでしょう。生計をいっしょにしていれば、すべてあなたの医療費控除の対象になります。


治療費でもう悩まない、歯科治療費専用クレジット、スマイルライン・デンタルクレジット
歯科医院の皆様はデンタルクレジット加盟をご検討ください
ページの先頭へ戻る▲
HOMEインプラント矯正歯科審美歯科ホワイトニング治療費とお金の話会社概要スマイルラインとは個人情報の取扱いについて